介護施設の食事は施設によって大きく違う?介護施設の給食にまつわる情報を詳しく紹介!

このサイトでは、介護施設の食事は施設によって大きく違うかどうかについて、施設の給食にまつわる情報を詳しく紹介します。
また、施設に入居するにあたって知っておきたい情報として、施設では入居者個人の食の好き嫌いやアレルギーにも対応してもらえるのかを解説します。
さらに施設における高齢者の健康を守る栄養満点のメニューの決め方についても紹介するので、高齢者向けの献立のメニュー構成に迷った際にも参考にしてみましょう。

介護施設の食事は施設によって大きく違う?介護施設の給食にまつわる情報を詳しく紹介!

介護施設に入居している高齢者の多くは、毎日の食事を非常に楽しみにしながら日々を過ごしています。
そのため、最近では給食のバリエーションや満足度に力を入れている介護施設も増加傾向にあり、メニューを選択できるシステムを導入して個人の食の好き嫌いやアレルギーにも対応できる施設も多いようです。
ほかにも、入居者の噛む力などに合わせて食事の固さや大きさ・とろみなども選択できるようになっている傾向にあります。
また、介護施設では入居者の健康を守る上で栄養バランスにも細かく配慮した栄養士監修の献立を提供している施設も増えています。

介護施設の給食は健康状態に合わせて選べる?

介護施設の給食は、入居者の嚥下機能や健康状態に合わせて提供することを基本としています。
例えば、同じ献立を提供する場合でも咀嚼機能が低下した場合のきざみ食をはじめ、飲み込みが難しい人に対して液体状にしたミキサー食、葛粉や片栗粉などでとろみを付けたとろみ食などのさまざまな介護食が用意されていて、高齢者の食べやすさや安全を考慮して選択することができるのが一般的です。
また管理栄養士が常駐していたり、病院に併設されている介護施設では、本格的な療養食の給食に対応してもらえるケースがあります。
糖尿病食や腎臓病食のほか、心臓病軟菜食、エネルギーコントロール食など、入居者の持病や留意しなくてはいけない健康状態に適した療養食を選択できるようになっていて、量の調整も可能です。
ただし、療養食を選択する場合には追加料金がかかるケースが多いため、入居する前に費用の詳細や提供できる食事の内容について詳しく確認しておくようにしましょう。

介護施設でイベントの給食はどんなもの?

介護施設でのイベントと言えば季節感が分かるよう開催している所がほとんどです。
1月ならお正月ですのでおせち料理など給食でお出しします。
2月なら節分、3月はひな祭り、4月は花見、5月は節句など介護施設により毎月開催したり、半年毎に開催したり様々な工夫がされています。
給食の内容は固い食べ物や呑み込みづらいものはお出しできませんので、色目の綺麗な卵焼きやカボチャ類などを必ず加えて、視覚から料理を楽しんでもらいます。
器をお重箱にしたり、どんぶりを使っていつもと違う食器で提供することでも普段と違った雰囲気で食事が提供でき、 バイキング方式にし、自分たちで好きなものを好きな量取り分けていただく事でも大変喜ばれます。
たくさんの量を召し上がれる訳ではないため、おいなりに海苔巻きなど種類を増やす事、茶わん蒸しやお饅頭を同時に提供するなど満足されることが多くあります。
手作りの箸入れなど、お盆に準備するなどちょっとした気遣いがあれば、更に喜ばれます。

介護施設の給食代はいくらくらいかかる?

老人ホームなどで暮らされている高齢者数は、2021年の段階で全国で約700万人となりました。
高齢化社会となった日本では、介護を受ける方も増加傾向にあり今後もこの数は増加をしていくでしょう。
衣食住のすべてをまかなえる施設で、食事に至っては給食というスタイルで配膳をされます。
介護施設を利用しようという方の大半が、食費はいくらかかるのかわからないという方が多いものです。
ここで簡単の介護施設で必要な金額を述べると、毎月約4000円を上限としています。
これは介護保険が適応されるからであり、自己負担額は全額の中の約10パーセントのみです。
なかには別途注文をされるケースもありますが、その場合は全額自己負担となります。
あくまでも利用している介護施設で調理をして出されるものだけを対象にしており、給食は介護の一環で健康増進を意味する食事という点から保険対象となっているわけです。
介護施設では後日、助成金が支払われます。

介護施設の給食の味は入居前にどう確かめるべき?

介護施設に入居することは、人生の中での大きな転機と言っても過言ではありません。
それだけに、施設内での生活がどういうものなのか知りたいのは当然と言えます。
部屋はどういった間取りでベッドはどんな感じか、給食はどうなんだろうか、介護職員さんは優しい人なんだろうか。
人それぞれに悩みはたくさんあると思われます。
なかでも入居者の方に特に興味を持たれるのが、給食の味と言われているのをご存じでしょうか。
人間は食べ物を食べずには生きていけません。
しかも基本的には1日に3食をです。
味が自分に合っているのかを確かめる方法は「体験入居」と呼ばれるものを利用するとよいと思われます。
ほとんどの介護施設で5日間とか期間を決めて、実際に施設に入居してもらう取り組みを行っています。
多くが無料で実施していますので、これを利用しない手はないでしょう。
良い介護施設選びは「体験入居」から始めるべし、覚えておきたいものですね。
そして良い人生を送ってほしいものです。

に関する情報サイト
介護施設の給食にまつわる情報サイト

このサイトでは、介護施設の食事は施設によって大きく違うかどうかについて、施設の給食にまつわる情報を詳しく紹介します。また、施設に入居するにあたって知っておきたい情報として、施設では入居者個人の食の好き嫌いやアレルギーにも対応してもらえるのかを解説します。さらに施設における高齢者の健康を守る栄養満点のメニューの決め方についても紹介するので、高齢者向けの献立のメニュー構成に迷った際にも参考にしてみましょう。

Search