介護施設の給食では好き嫌いやアレルギーへの対応は可能?

介護施設の給食では好き嫌いやアレルギーへの対応は可能?

介護施設で生活するうえで、身体面や精神面でも健康を維持するために大切な食事ですが、高齢者やその家族の中には「アレルギーがあると入所が難しいんじゃないか」と不安を感じている方もいるかもしれません。
介護施設では対応してくれるところが多くあり、高齢になるにつれてアレルギーが軽減する人がいる一方、そうでない人もおり命にかかわることもあります。
入居前の健康状態や除去食について個別に相談しておき、しっかり対応することが望ましいでしょう。
施設は集団生活の場であり、毎日大勢の給食を作っています。
施設での給食は栄養に偏りがないように作られており、単に好き嫌いの場合では個別対応が難しい面があります。
しかし事前に相談しておくことで、食べられるものに替えてもらうことができたり味付けなどが変更できる場合があります。
好き嫌いの場合苦手を克服するのが一番ですが、まずは相談を行ってどの程度まで変更が可能か確認しておいたほうがいいでしょう。

介護施設で提供される給食の作られ方を事前に知れる

介護施設で提供される給食は、作られ方を事前に知ることが出来ます。
介護施設に入所する前には、見学をすることが出来ますしパンフレットを渡されることもあります。
給食はしっかりと栄養を考えてバランスの取れたものを出されるので、作られ方に不安がある人でも安心です。
介護の現場では、多くの入居者がいるため作るものにも栄養を考えて外注しているところも多いです。
栄養状態や自分の健康状態に合わせた食事は、自分のアレルギーなどにもあっているかを考えなければいけません。
介護施設を利用するときには、食事をいろいろと旬や季節感を味わうことが出来るように考えられているので美味しくて栄養バランスが良いものばかりです。
介護施設に入所しているのは高齢者でも、健康状態が良い人やアレルギーがある人などそれぞれで違います。
そのため、作る工程を知ることが出来るパンフレットなどは隅々までチェックしておきましょう。
事前にチェックしておくだけで、その施設を選択するかを判断できるひとつのポイントになります。

に関する情報サイト
介護施設の給食にまつわる情報サイト

このサイトでは、介護施設の食事は施設によって大きく違うかどうかについて、施設の給食にまつわる情報を詳しく紹介します。また、施設に入居するにあたって知っておきたい情報として、施設では入居者個人の食の好き嫌いやアレルギーにも対応してもらえるのかを解説します。さらに施設における高齢者の健康を守る栄養満点のメニューの決め方についても紹介するので、高齢者向けの献立のメニュー構成に迷った際にも参考にしてみましょう。

Search