栄養満点の介護施設向け給食の決め方とは

栄養満点の介護施設向け給食の決め方とは

年齢を問わず、毎日3食を口にするのが基本的な食生活となっています。
若い世代であれば1日で約2500kcalのエネルギーを必要としますが、年齢を重ねるごとにその消費カロリーは低下をしていきます。
一般的に高齢者と言われる世代だと、1日で1000kcal程度でよく、介護施設では徹底した栄養管理をしながら必要な食事を提供されるようになっているのが特徴です。
ここでは簡単に、介護施設における給食の決め方について見ていきましょう。
栄養管理は専門職の福祉介護士が取り決めており、外部委託をするのが多くなりました。
給食センターという施設に連絡をして、入居者の人数分の宅配弁当を取り寄せるのですが、普通食のほかに介護食・療養食の3つで構成をされるのもポイントです。
エネルギーよりもビタミンなどの摂取を重視するため、この点に重点を置いた食事となります。
介護施設では一人ひとりに見合ったものを用意され、介助を受けることも可能です。

入居前に確認!介護施設の給食の献立内容とは?

介護施設の入居者にとって、毎日の食事は日々の生活の中での大きな歓びや楽しみとなっているケースが多くあります。
そのため、入居を考える前には介護施設の給食の献立がどのような内容であるのかをチェックしておくことがとても大切です。
近年では入居者の満足度を高めるために食事の充実に力を入れ、多彩なメニューを考えて入居者が飽きないように工夫している施設も非常に多くなっています。
そういった中で普段の給食の献立にもラーメンやスパゲッティを摂り入れたり、季節の行事に関連したイベント食としておせち料理やクリスマスケーキなどを摂り入れているケースも増えています。
また、ほとんどの施設では入居者の健康状態や嚥下機能などに合わせてミキサー食やきざみ食・とろみ食・ゼリー食といった介護食も用意されているのが現状です。
こういった個人の食べやすさに配慮した食を活用することで、食べることの楽しさを思い出し、食欲が回復する入居者も少なくありません。
ほか、3食以外におやつの時間が設けられている介護施設も多く、おやつの時間にはおしゃべりをしたり音楽を聴いたりと、入居者を楽しませる工夫が色々となされています。

に関する情報サイト
介護施設の給食にまつわる情報サイト

このサイトでは、介護施設の食事は施設によって大きく違うかどうかについて、施設の給食にまつわる情報を詳しく紹介します。また、施設に入居するにあたって知っておきたい情報として、施設では入居者個人の食の好き嫌いやアレルギーにも対応してもらえるのかを解説します。さらに施設における高齢者の健康を守る栄養満点のメニューの決め方についても紹介するので、高齢者向けの献立のメニュー構成に迷った際にも参考にしてみましょう。

Search